目立つし気になる嫌な顎ニキビを予防する方法

顎にできたニキビ、気になりますよね。痛いし目立つし、出かけるのも嫌になるほど。そんな顎ニキビを予防する方法をご紹介します。
まずは洗顔のすすぎ残しをなくすことです。顎の部分は意外とすすぎ残しが多いのです。洗顔フォームをよく泡立てて顔を優しく洗うのはいいですが、その後すすぎ残しがあっては意味がありません。洗顔だけでなく、すすぎにもじっくり時間をかけて、きれいに洗い流しましょう。
また、洗顔後の保湿も欠かせません。特に顎ニキビができていたり脂っぽいからという理由で化粧水の後、乳液を付けないという方がおられますが、その行為はNGです。肌が乾燥し、皮脂の分泌を余計に促してしまいます。ニキビができていても、ニキビ用の化粧水と乳液できちんと保湿ケアをしましょう。
また、睡眠も重要です。寝る子は育つと言いますが、お肌にとっても睡眠は大事なのです。寝ている間に、肌のターンオーバーは行われます。特に午後10時から午前2時までの4時間がお肌のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが最も分泌される時間です。忙しくてもこの時間だけでも眠っておきましょう。
それにもちろん食生活も大事です。脂っこいものや糖分の多い物ばかりを好んで食べていてはNGです。ビタミンやミネラルなど、栄養バランスのとれた食生活を送ることです。

お肌のトラブル顎のニキビの改善方法ならこことみはこちら

最新記事